大学院受験

留学斡旋業者

2015/05/24



Pneu Vanhamme Waterloo-06-1

 

留学の申請を助けてくれる斡旋業者は数多くあります。その中でSI-UK、BEOはGMATやGREのスコアメイクの必要が無い受験生の方にとっては良い業者だと思います。

 

その中で私はSI-UKにお世話になりました。当時は無料だったのですが、現在はデポジットがあり、デポジットは出願をその業者と通してすると返金してくれるようです。これらの業者は大学側からいくらかのキックバックで運営されているようです。なぜなら、各学校のアプリケーションには斡旋業者の名称を入力する欄がありました。その大学を受験したらいくら、とか入学したらいくら斡旋業者に払う、といったところでしょうか。 日本の大学で言えば申込書に河合塾とか代ゼミとかを記入する感覚に近いのだと思います。  

スコアメイクが必要な受験生はアゴス•ジャパンが有名です。サービスは有料で値が張ります。MBAやトップ校を目指さないのであれば、無料のSI-UKやBEOで充分だと感じました。私はSI-UKを通して、イギリス大学院のパンフレットの入手、先人方のPersonal Statementのネットでの閲覧Personal Statementの推敲推薦状の推敲、SI-UKを通しての出願していた場合のみ無料なVISAのチェックを利用しました。

1校1校のパンフレットは重いです。貰った後に気づいたのですが、その大学のサイトを見た方が最新の情報ですので、これは不要でした。上記の青字の部分がSI-UKを利用して良かったと感じた点です。    

SI-UKやBEOは無料のサービスだけではなく、有料の添削や英語講座を提供しています。私はお世話になりませんでしたが、興味があったら挑戦してみてもよいと思います。

スポンサーリンク

-大学院受験

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...