大学院合格後の準備

イギリス留学する時に保険に加入すべきか考える

2016/09/19



 

今まで海外旅行に行く際は、必ず保険に入っていました。留学の際には言うまでもなく入るべき、という思考回路でした。

 

スポンサーリンク

払った保険料の総額

私はAIUの海外留学保険を契約しました。

契約期間は最長1年だったので、プリセッショナルが始まる7月から翌年7月まで。費用は234,000円です。これだと、大学院は9月までなので2ヶ月足りません。

相談したところ、保険には更新があると教えてくれました。保険の有効期限が切れる翌年の6月に実家に延長はどうしますか、という連絡が保険会社からきました。私は2ヶ月延長し、56,160円を親に立て替えてもらいました。

イギリス留学で払った保険の総額は、1年と2ヶ月で、290,260円です。

これを高いととるか、安いととるかは人次第です。国民年金保険料は月に15,590円、1年と2ヶ月だと218,260円支払う必要があります。病気になったとしても3割は自己負担なので、全て負担してもらえる留学の保険はそこまで悪いものではないかと思います。

 

イギリスには病院代が無料のNHS制度がある

イギリスには無料の保険制度であるNHSがあります。6ヶ月以上イギリスに滞在するビザを持っている人は留学生であってもNHSへの登録が可能です。私は入学の際に体育館に集められ、まとめて登録しました。

NHSは病気や予防接種は無料でやってくれます。私は帰国する際に日本で風疹が流行っていると聞き、風疹の予防接種のワクチンを無料で受ける事ができました。日本ではワクチンを接種するのに数千円かかるので、ラッキーでした。

NHSは歯の治療は適応外だという話がありますが、友人はNHSが歯の治療を無料でやったとのことでした。無料の歯の治療というのもあるのかもしれません。私は幸い虫歯にはならずにかかることはありませんでした。イギリスの歯医者ってどうなのか体験してみてもよかったかな、と今では思います。

 

 

まとめ

周りの留学生には半年の保険だけ入っていて留学中に決める、というケースの人もいました。その方は結局、保険の延長はしていませんでした。

事故を起こす、手術が必要な病気になる、盗難にあう、親族が亡くなった場合の飛行機代、どれも確率はゼロではありません。NISだけではカバーできないものもあります。

AIUの海外保険は下記から資料請求ができます。資料請求だけであれば無料なので申し込んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-大学院合格後の準備

おすすめ記事一覧

1
EssayEdgeの評判・使い方・クーポンの取得方法のまとめ

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...