Travel

ベトナム・ダナン空港でSIMを購入して設定まで簡単にできた話

2017/05/25



先日ベトナムのダナンそしてホーチミンに行ってきました。

ダナンはベトナムの中央に位置するリゾート地で最近人気が出てきている観光スポットです。ダナン空港でSIMカードを買ってスマホを地図替わりに、観光、評判の良い店探しに大いに活用しました。

ネットが使えると旅行がとても便利です。

 

スポンサーリンク

ベトナムのダナンへ

ダナンはベトナムの丁度真ん中に位置するリゾート地です。

9月〜10月には雨季が始まり、時には洪水までになることも。9月は乾季から雨季に切り替わる時期なので、観光には向かない季節ですね。旅行の予約をしてからダナンは9月後半は雨期ということを知りました。

海外に旅行に行くさいは、現地の気候のチェックは必須でした。今回は運よく雨を逃れられたので良かったのすが。

  

ダナンはリゾート地というだけだあって海はとてもきれいです。

ただ、日中は9月でも死ぬような暑さでした。7月、8月は暑すぎてビーチに行けないのではないか、と心配になるくらいの暑さです。なんでも現地の人は海には日中には行かないそうです。通勤前の朝と通勤後の夕方、そこまで暑くない時に海に行って遊んでいました。ホテルの窓から海を眺めていると、朝と夕方に人がたくさん海で遊んでいました。これが現地流の海の楽しみ方です。

スクリーンショット 2015-11-02 23.36.10

 

今回の旅はスマホが大活躍

今回のベトナム旅行ではスマホが大活躍しました。シムフリーのスマホを持っているならば、simは買うべきものですね。旅行がとてもスマートになります。重いガイドブックを持つ必要がありません。地図はGoogle map、お店はトリップアドバイザーで充分です。

 

ベトナム、ダナン空港でSIM購入

ダナン空港でのsimカードの買い方、アクティベイト方法を説明します。ダナン空港は正式名称Da Nang International Airport空港(DAD)で、成田空港から直行便が出ています。

ダナン空港を出てすぐにsimカード屋がいます。simカード屋といっても立派な「店」ではなく、1畳ほどのスペースに簡単な受付と1人のスタッフがいるだけです。

 

simカードは2種類、3Gデータ通信だけのsimと、電話と3Gデータ通信のsim。

私は現地で友達に電話する予定があったので、電話と3Gデータ通信のsimを選択しました。値段はデータ通信3GB含まれて200000ドン(日本円で1000円)と格安です。3Gデータ通信だけのsimはもっと安いはずです。

ベトナムには1週間いましたがデータ量は3Gで十分。そんなに使わないようにしていたわけではないので、普通に使っていて大丈夫でしょう。スマホで動画さえ見なければ、1ヶ月くらい旅行してももつのではないでしょうか。

 

SIMカードの設定

simカードの購入が終わるとスマホへの設定が待っています。

私はAPNの設定が面倒だったので、すべて店員さんに設定して貰いました。ただアクティベイトは驚くほど簡単でした。依頼方法は「please activate sim card」と言えば通じます。simカードを交換し、APNの設定などせず、ちょっとした操作をしてアクティベイトして終わりです。

これで通信ができるようになります。

simカードは、無くさないように買ったsimカードの台座に張り付けてくれました。ちなみにベトナムのsimカードはmobiphoneという会社のものでした。

RIMG0003

 

SIMカードの残りデータ量のチェック方法

電話ダイヤルで「*101#」と押し通話ボタンを押すだけで通信残高が表示されます。 

RIMG0005

 

simを装着した時点の残高はこんな感じです。

RIMG0004

 

1週間度の帰国する時の残高です。

スクリーンショット 2015-11-02 23.50.58

各項目の意味を確認しようとがんばったのですが、意味を見つけることができませんでした。

以下は私の推測です。でも知らなくても問題ないと思います。

  • TKCは電話が20,000ベトナムドンかけられる
  • TKCは帰国時には16,151だったので、4000ベトナムドンくらい通話
  • データ通信は2段階で、DATA1の600MBとKM1の2454MBの合計3GB分使用可能
  • KM1からデータを使っていき、なくなったらDATA1
  • 帰国時のKM1が2308MBに減っていたので1週間の旅行で2454-2308MB=146MB使用

 

ダナン旅行でスマホは大活躍

ダナン旅行でスマホは大活躍でした。私は方向音痴のため日本にいるときでも、スマホが欠かせません。

一番使ったのはgoogle map。GPSが使えるので、自分の現在地、目的地がいつでもチェックできます。人気のお店もgoogle map上に★や、口コミがたくさんありますので、重いガイドブックを持ち運ぶ必要はありませんね。 

一点注意していたことは、スマホは余計なデータ通信をしないようにGPSは地図を使うときだけONにして使っていました。しかし、ベトナムには1週間ほどいても150MB分の通信しかしていなかったので、取り越し苦労でした。1週間の旅行であれば3GBのシムカードで余裕です。

 

ダナン旅行でおすすめの旅行ガイド

海外旅行といったら旅行ガイドですよね。ただベトナムの旅行ガイド、ましてやダナンにフォーカスした旅行ガイドはそう数はありません。そんな中、私のおすすめする旅行ガイドはこちらです。どちらもベトナムの地方都市ダナンに特化した代物です。

スポンサーリンク

-Travel

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...