英語

IELTSのspeakingでover6.5を目指すにはテンプレートもあるDMM英会話がおすすめ

2017/12/08



IELTSのspeakingの勉強の仕方が全然わからない。留学前の私はそう思っていました。

中学校、高校ではリーディング重視。スピーキングはみんな揃って、教科書を読むだけ。これではスピーキングで留学に必要なスコアなんてとれません。

巷にはIELTSのスピーキングを見てもらえる学校があるけども、けっこう高いですよね。

 

スピーキングのチェックをしてもらいたい!、けども費用を安く抑えたい!、そんな方にはオンラインのDMM英会話がおススメです。

 

スポンサーリンク

DMM英会話にはオンライン英会話として唯一IELTSのspeaking教材がある

オンライン英会話って種類が多いですよね。

ただ、そんな中でDMM英会話は唯一IELTSのspeakingの教材があるオンライン英会話なのです。

 

留学を目指す人には馴染み深いIELTS。しかし、世の中的にはIELTSは圧倒的にマイナーな試験です。

そのマイナーな英語の試験のスピーキング教材難民を救ってくれたのがDMM英会話です。

 

英会話学校に行くお金を節約したい、けれどIELTSのスピーキングテストで、イギリス人試験管に「ギャフン!」と言わせたい方は試してみる価値アリです。

 

参考:IELTSのspeakingにDMM英会話をすすめする記事はこちら。

 

IELTS教材の中身は?

DMM英会話で使われているIELTSの教材は入会しなくても事前にチェックすることができます。

IELTSスピーキング対策

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-23-27-39

 

パート1~パート3までの教材があります。

中身はこんな感じで本番さながらの練習ができます。IELTSの先生たちが聞いてきそうなクエスチョンが並んでいますよね(笑)。

 

これは嬉しいテンプレート付き

DMM英会話のIELTS教材は質問だけではありません。

スピーキングの受け答えのテンプレートまでついてきます

 

このような内容です。

 

speakingが難しいのは正しいのか、正しくないのか、自分で判断できないこと。そして何も思いつかないときに、何を話せばよいかわからないこと。

確かにDMM英会話の授業中に先生は教えてくれます。

ですが、それも限界があるので、そんなときはテンプレートをチェックしましょう。

 

内容はてんこ盛り、part1~part3で、それぞれ10個のtopic

IELTSのspeakingはpart1、part2、part3で構成されています。

DMM英会話にはpart1の問題が10回、part2の問題が10回、part3の問題が10回分もの教材があるのです。しかも全てに回答テンプレートがある。

これを全てキッチリやれば、スコア6.5越えも夢ではないかも

 

speakingのスコアがなかなか上がらない人は、どのように勉強をして良いのかわからず、他のreading、listening、writingに時間を使いすぎているのではないでしょうか。

私はそうでした。スピーキングの勉強をしなくてはいけないと、わかってはいるのですが、集中力はそちらには向かわず・・・。

 

きちんとスピーキングの時間をとってIELTSの教材がやることで、目標のスコアをクリアすることができるのではないでしょうか。

 

IELTSの教材が終わってしまったら?心配ありません、DMM英会話にはディスカッションの教材もあります

IELTSの教材はパート1~パート3で合計30個あります。

これが終わってしまってもDMM英会話にはスピーキングの練習にはもってこいの教材があります。それがテーマ別ディスカッションです。

 

ディスカッション教材は全部で70トピック。1つのトピックについて質問が複数あります。授業は1回25分なので、答える時間としては丁度良いです。

実際のIELTSのスピーキングテストは11分から14分なので、DMM英会話で練習を積めば実際のテスト時間は短く感じるほどです。

 

教材はどの質問もYes/Noで解答できるClose質問ではありません。Agree/Disagreeと自分の意見を述べた後に、理由を述べる必要がありますので、練習にはもってこいですよね。

 

教材として下記のようなものがあります。

スクリーンショット 2015-08-15 17.55.52

 

実際のスピーキングでは日本語でも深く考えないトピックがいきなり与えられ、戸惑うことが多々あります。この教材で様々なトピックで練習を積めば対応力が高くなるので、自分の得意としないトピックについても積極的に臨んでいきましょう。

 

DMM英会話では先生からのフィードバックも貰うことができるのが良い点です。次回からそこを修正すれば実際のIELTSのテストを受けるときは完璧(?)ですよね。

 

DMM英会話IELTSのspeakingレッスンが無料体験できる

 

DMM英会話のIELTS教材よさそうだな~、でも安いからといっていきなり入会するのは抵抗がある。そんな方にはDMM英会話の無料レッスンがあります。

 

正式に入会する前に無料体験レッスンを受けることでどのようなものか感触を確かめることができます。

スピーキングのスコアは伸ばしたいけれど、いきなりオンライン英会話を始めるのに抵抗のある方にはもってこいです。無料といっても縛りはないので、IELTSの教材で無料レッスンを受けてみてはいかがでしょうか

 

 

無料体験の登録をしたら、IELTS対応している先生を選びましょう

登録したら早速、先生を選びましょう。先生を選ぶコツは検索する画面で「IELTS対応」している人をチェックして検索するだけです。これでIELTSに見識のある先生を見つけられます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-29_23_49_21

 

実際に先生を選んだらオリジナル教材を使用するの中で、「IELTSスピーキング対策」を選べばOKです。あとは時間になって、先生とスピーキングの練習をするのみです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-29_23_49_43

 

無料体験を受けてみて、自分に合っていると感じたらIELTSの教材をどんどん消化していってください。スピーキングで言い淀むことが少なくなります。

毎日DMM英会話で25分間英語で練習すれば、本番の14分のスピーキングテストは簡単に感じられるようになります

IETLSの本番の時、パスポートを渡す際になんて話してよいのか戸惑っていたとしても、英会話を毎日続けることによって英語を話す自信は必ずつきます

 

DMM英会話は入会金がゼロ、いつ辞めても損するということがないのも良いポイントです。駅前留学ですと入学金がかかる場合もありますが、DMM英会話は毎月の月謝を払うだけです。よくある30回分のレッスン料を先に支払うということはありません。スピーキングの練習はもう十分と感じた時点で退会することもできます。

 

 

スポンサーリンク

-英語

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...