転職

留学後の転職を有利に運ぶために必要なたった2つのこと



語学留学、大学院留学から帰ってきて日本で就職活動するにあたって大切なことは企業の情報を集めることです。企業への就職するにあたっては、情報をどれくらい持っているか、がとても重要です。どんなに高い能力を留学によって身につけてきても、丸腰で転職市場に行ったら相手にされず、内定を取ることは難しいでしょう。

今のご時世、情報はネットに落ちています。ですが、ネットに落ちている情報は玉石混交で、情報が本当か嘘かを見破るのは難しいものがあります。留学後の転職を有利に運ぶには、いかに正確な情報をキャッチするか、です。質の良い情報を集めるために必要な2つのことは、企業の内情を知るツールと、転職エージェントを使いこなすことです。

 

スポンサーリンク

企業の内情を知るための必須ツール

転職エージェントは企業の情報を数多く持っています。企業の基本情報はもちろんのこと、面接でどのようなことが聞かれるのか、どのような質問が好まれるのか、全ては転職希望者が転職できるような情報です。しかし、転職エージェントにだけコンタクトをとっていても、転職エージェントが持っていない、けれどもとても大切な情報が抜けてしまいます。なんだかわかりますでしょうか?

転職しようとしている会社の人々が自分の会社をどう見ているのか、すなわち口コミです。口コミは、転職エージェントは持っていません。しかし、我々、求職者からすると、とても大事な情報ですよね?入社してからイメージと全然違った、ということを避けるためにも、会社の雰囲気を事前にチェックし、知ることがとても大事です。

 

キャリコネを使って、中の人の情報(口コミ)を知る

キャリコネは無料で登録できます。そうすると、各企業の口コミに加え、面接レポートまでチェックすることができるようになります。企業の内情を知ることで、失敗のない転職をすることができるのです。

10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

転職エージェントは転職活動を強力にサポートしてくれる

転職エージェントは転職したい人は無料で使うことができます。なぜなら転職が成功した際に、企業側からエージェントに報酬が支払われるからです。ただ、転職エージェントがたくさんありすぎて、どのエージェントを選べば良いのかわかりませんよね。

 

留学してきたからには英語を1つの武器にすべきです。そのためには英語の案件をたくさん持っているエージェントを選ぶ方が英語を使える企業に就職する確率は上がります。

 

ビズリーチ

ビズリーチは人材紹介ではなく、求人への応募や企業・ヘッドハンターからのスカウトを通じて、企業やヘッドハンターと直接コミュニケーションをとることができるサービスなので、われわれ応募者と企業との距離が近いです。なので認識の齟齬が生まれにくいと言えます。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界別の専任制です。キャリアアドバイザーは各業界出身者も数多く、各企業との太いパイプを活かし、徹底した情報収集を行っています。社風、職場環境、同僚の人柄などの情報もしっかり確認できます。業界のことに精通しているため、転職を希望する皆さんの「気になるポイント」をおさえた求人企業の情報収集が可能です。

マイナビエージェント

 

エージェントは登録すべき

エージェントは履歴書、職務履歴書の添削から、面接の相談まで至れり尽くせりでやってくれます。逆にエージェントを使わないと、相談もできませんし、企業の生の情報を手に入れることができません。ですので、まずはエージェントの登録を忘れずにやってください。

 

まとめ

留学後の転職を有利に運ぶために必要なたった2つのことは、企業の内情を知り、転職エージェントを使いこなすことです。情報が無いまま転職活動を始めても満足するような結果を得ることは難しくなっています。今の時代、情報を得ることが強力な武器ですが、わかっていない人はいます。早めに、これらの情報を手に入れて、他の人よりも1歩も2歩も先に行きましょう。

 

 

スポンサーリンク

-転職

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...