留学を終えて

イギリス時代に使っていたサイトのアカウントチェック

2015/10/11



ふと、イギリス時代の様々なアカウントが有効なのかどうか、気になったのでログインしてチェックみました。最近のブラウザはパスワード管理機能がデフォルトでついているので、各サイトのアカウント、パスワードを探す手間は必要ありません。各サイトにアクセスしたら自動的にアカウント、パスワードが入力されたので、そのままログインできました。

 

スポンサーリンク

各アカウントの状況報告

NPOWER 

ログインができましたが、”This account is now closed”とありクローズされていました。過去の支払った履歴が見れて、イギリス時代を蘇ります。

スクリーンショット 2015-08-29 18.38.10

 

自分でメーターを読む方式が中々理解できなかったのは良い思い出です。イギリスを離れる時、自分でメーターを読み、清算しました。もし、メーターの値を入力し、支払う金額を少なくもできる気がします。当時はびびって正直に申請していました。イギリス人が全て、きちんと自己申告で申請しているのか疑問です。どこでも一定数は低くしたり、読み間違えたりはするはずです。なので、定期的にチェックしているのかもしれません。

 

 

日本では丁寧に毎回、検針員の人が来るので不正ができません。

 

 

東京電力のサイトを見たら検針員の募集がありました。給料って検針件数による出来高制なんですね。ターゲットは主婦っぽいですが、アルバイト以上派遣社員未満の位置付けなのでしょうか。

スクリーンショット 2015-08-29 18.47.39

 

 

HSBC 

ログインしたら、アカウントがクローズされていて、過去のトランザクションは全て確認できなくなっていました。以前、クローズしてとメールで伝えて、それが実行されていたみたいで良かったです(日本からのHSBCの口座の閉じ方 参照)。しかし、過去のトランザクションの履歴が見れなくなっているので、電気料金サイトとは異なり、過去の支払った思い出に浸ることはできませんでした。

online_banking 2

 

 

giffgaff 

ログインできました。契約は単純にgoodybagsという毎月のデータ使用料と無料通話料分をやめただけです。topupが残っているので、再度イギリスに行った時に使えると思います。ただ、肝心のsimカードがどこにいったのかの記憶がありません。残念ながら捨てている可能性もあります。

My_giffgaff___giffgaff_com

 

 

大学のアカウント

これはダメでした。それはそうでしょう。

 

 

まとめ

閉じれるものは閉じておいた方が良いですね。何かの表紙に請求されていたら嫌ですからね。学校の寮に住んでいた時に、前の住民の請求書が多くきていました。銀行でクレジットで物を購入したものの、口座の入金額が足りなかったことが理由みたいです。でもその人は既に帰国しているです。

 

こういった場合は、銀行として口座開設の時のパスポートを元に追いかけるのですかね。よくわからず怖いものです。

 

 

スポンサーリンク

-留学を終えて

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...