大学院受験

IELTSのための英単語はこれさえやればOK

2017/11/18



IELTSを受験するにあたって、どれくらいの英単語を覚えなければいけないのか、というのは大きな問題です。

大学受験の時でも、英単語はターゲットをやれば良い、とか、Duoをやれば良い、とか色々な話がありましたよね。

 

確かに英単語はできるだけ覚えた方が良いのは間違いありません。でも時間は有限なので、全て覚えるのは不可能です。

文中の前後関係で推測すれば良いという意見もありますが、テスト問題で50%以上の単語を知らなかったら推測が難しくなってきます。readingセクションは時間制限があるので、できる限り知らない単語をなくすのが効果的な勉強法です。

 

妥協点は使える英単語帳一冊を徹底的にやるということです。

私がIELTSのための勉強で使った英単語の本はTOEFLテスト用の単語帳一冊だけでした。

 

スポンサーリンク

TOEFLテスト英単語3800のレベル3まで暗記すれば十分

TOEFLテスト対策用の「【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)」のレベル3までを徹底的に暗記しました。時間的にレベル4は捨てましたが、時間のある受験生はレベル4までやるべきです。

TOEFLはアメリカの大学に行く際のテストですが、IELTSと同様にアカデミックな内容なので、テストに使用される単語もそこまで乖離がありません。

 

内容は単語帳で有名なDUOのように例文が並ぶタイプではなく、ひたすら日本語と英語の対訳が載っています。CDは使いませんでした。ひたすら暗記だけです。

このようにぼろぼろになってしまいましたが、こういうものが自信にはなりますよね。

IMG_20140923_185255

 

レベル3まででIELTSのreading6.5を取ることができました。もっとスコアが必要な方はレベル4も覚える必要がありますが、私のように6.5で充分な人はレベル3までで大丈夫です。

 
 

IETLSに特化した単語帳が発売

(2016年10月23日追記)

IELTS専用の単語帳が発売されていました。

日本でのIELTSを利用した受験生が増えていることが背景にあるのでしょうか。

 

その名も「実践IELTS英単語3500」と「IELTS必須英単語4400」。

アマゾンのレビューを見てみると両方とも必要な情報は網羅しているようです。

 

実践IELTS英単語3500では単語はこのようにリストされています。どのバンドスコアを目指したいかでわかりやすいですね。

  • 基本語1000(目標バンドスコア 5.0)
  • 重要語レベル1(目標バンドスコア 5.5)
  • 重要語レベル2(目標バンドスコア 6.0)
  • 重要語レベル3(目標バンドスコア 6.5)
  • 重要語レベル4(目標バンドスコア 7.0)
  • 重要語レベル5(目標バンドスコア 7.5以上)

 

参考:

IELTSの英単語と並行して準備をする必要がある推薦状、これもできるだけ早いうちに片付けておくべきです。推薦状の書き方についは下記記事にまとめています。

イギリス留学する際の推薦状の書き方と依頼の方法(EssayEdgeで推敲)

 

 

スポンサーリンク

-大学院受験

おすすめ記事一覧

1
パーソナルステートメント・推薦状の添削はEssayEdgeだけで充分

イギリス大学院を留学する際に必須のパーソナルステートメント&推薦状。 日本語で考 ...

2
[実体験]イギリス大学院から留学帰りの転職(就職)活動

社会人として留学した方で、日本に帰ってきてどのように就職活動、転職活動をしたら良 ...